【オイル交換を安くする裏技を公開!】エンジンオイルの交換時期は?

カーケア

「皆さん、愛車のオイル交換は行っていますか?」

オイル交換って必要なの?オイルなんて入ってればいいんじゃないの?

その考え方は間違っています。車のメンテナンスは正しい知識を持って行わないと、あとあと大変なことになってしまいます。

エンジンオイルの交換について簡単にまとめましたので、これを読んでオイル交換の正しい知識を身につけてください。

 

この記事を読むとこんなことがわかります。

エンジンオイル交換ってそもそも必要なの?
エンジンオイルの交換時期は?
エンジンオイル交換安くする方法は?

 

1.エンジンオイル交換ってそもそも必要なの?

車のエンジンが人間でいう心臓なら、エンジンオイルは血液のようなものです。

人はバランスのとれた食事や運動で体調を管理していますが、脂っこいものばかり食べていたり、野菜などを食べないでいるとドロドロ血液になってしまいます。

車も人と同じで走行距離や走行状況により正しいメンテナンスをしてあげないと、エンジンオイルは汚れて、劣化していきます。

エンジンオイルが汚れると?

エンジンオイルには潤滑 ・ 密封 ・ 冷却 ・ 洗浄 ・ 防錆という役割があります。

新品のエンジンオイルには適度な粘度がありますが、オイルがだんだん汚れてくると粘度が低下します。

そうなるとエンジン内の金属同士の摩擦抵抗なども大きくなり、これらの機能が正常に果たせなくなってしまい、エンジンにも負担がかかり、パワーの低下オーバーヒート燃費の悪化にも影響してきます。

エンジンオイルの交換時期は?

カーショップやガソリンスタンド等では、3ヶ月又は3,000kmでの交換をおすすめしてますが、実際はそこまで神経質にならなくてもいいと思います。

スポーツカーや過酷な走りをされてないようでしたら6ヶ月又は5,000kmを目安に交換されるといいと思います。

又、エンジンオイルの交換をお願いすると、「オイルエレメントは交換しますか?」と聞かれる事があります。

オイルエレメントとは?

オイルエレメントとはエンジンルーム内のオイルの汚れをきれいにする、ろ過フィルターの役割をしています。

エンジン内部の汚れや金属片を集めているので、その機能が果たせないとエンジンの焼き付きや燃費の悪化、最悪の場合エンジンの故障につながります。

エンジン交換の場合、100万円以上の交換費用になる可能性もありますので、1個1,500円~2,000円程度とそれほど高い部品ではないので忘れずに交換しましょう。

 

交換の目安はエンジンオイルを2回交換したら1回エレメントも交換するとよいでしょう。なのでオイルエレメント交換はおおよそ1年に1回交換する計算になります。

(オイル交換 → オイル&エレメント交換 → オイル交換 → オイル&エレメント交換といった感じです。)

 

エンジンオイル交換安くする方法は?

車のメンテナンスにはすべて工賃が発生します。なので結論から言えば自分で交換できるのであれば一番安く済みます。

しかしジャッキアップをして作業したり、抜き取ったオイルの片付けなど、時間が掛かったり何かと面倒な作業になります。

車いじりが好きな方は問題ありませんが、女性や車に詳しくない方にはなかなか難しいですよね。

オイル交換ができる場所はディーラー、ガソリンスタンド、カーショップ等が一般的です。

結論どこが一番安いの?

一般的にディーラーが一番高く、ガソリンスタンドはオイルの種類も限られ、交換作業も整備士ではなく不慣れなアルバイトスタッフが作業にあたることもあります。

私はオイルの種類が豊富で専門知識を持っている大型カーショップのイエローハットをおすすめします。又、オイル交換と一緒にランプ類のチェックやタイヤの空気圧等もお願いすれば無料でこころよく行ってくれます。

イエローハットは交換工賃永年無料!

イエローハットはエンジンオイル&オイルエレメントの交換工賃が永年無料でできます。その方法はイエローハットの会員になってクレジットカードを作るだけ。入会金も年会費もかかりません。

イエローハットのポイントカードには3種類あります。

・1つ目は入会金と年会費は無料だけどオイル交換工賃が有料になるもの

・2つ目は入会金1,100円(税込)で1年間オイル交換工賃が無料になるもの

・3つ目は入会金、年会費無料のクレジットカードでオイル&エレメント交換工賃永年無料

 

ということは、クレジットカードを作って会員になるのが1番お得ですね!

さらにポイント還元率も100円で2ポイント付与され、貯まったポイントは1ポイント1円からお買い物に使えます。

普段からお得なオイルも購入できますが、イエローバーゲンセールの時に安く購入しておいて交換時に持ち込みすればさらにお得になります。

こちらは噂の情報ですが、持ち込みオイルでも工賃無料でやってくれる店舗もあるとかないとか。

ということはネットで安く購入し持ち込みOKならいうことないですね!

まとめ

今回はオイル交換の必要性や交換時期、安くする方法などを簡単にまとめてみました。「オイルなんて入ってりゃ大丈夫でしょう。」なんてケチっているとエンジンが壊れてしまい、逆に大きな出費になってしまいます。

最近ではいろいろなエンジンオイルの種類があるので、自分の乗り方やその車に対応している適度な価格のエンジンオイルを選び、交換することをおすすめします。わからなければスタッフにたずねてみると親切に教えてくれますよ。

車は安い買い物ではありません。大事にメンテナンスをすればエンジンの状態も良く、10年、10万kmを超えても長持ちし、快適なカーライフがおくれると思います。

今回は最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました